章 3章. ファイルシステム構造

3.1. なぜファイルシステム構造を共有するのか

ファイルシステム構造はオペレーティングシステムの構造の中でも最も基本的なものです。OSがユーザー、アプリケーション、セキュリティモデルなどと相互作用する方法は、そのほとんどが記憶装置にファイルが保存される方法によって決まります。共通のファイルシステム構想を用意することにより、ユーザー及びプログラムによるファイルへのアクセスと書き込みを可能にします。

ファイルシステムはファイルを以下の2つの論理的なカテゴリに分けます:

共有可能ファイルは、ローカルとリモートのホストによる アクセスが可能なファイルです。共有不可ファイルは、 ローカルのみ利用できるファイルです。ドキュメントなどの可変 ファイルは、何時でも変更できるファイルです。 バイナリなどの静的ファイルは、システム管理者からの操作なしでは変化しないファイルです。

この様にファイルを見ている理由は、ファイルが置いてあるディレクトリに割り当て られた権限とファイルの機能を関連付けするためです。オペレーティングシステムと そのユーザーが該当ファイルに対してなす相互作用の仕方は、そのファイルのあるディレクトリが読み込み専用か、読み/書きかどうか及び、各ユーザーが持つそのファイルへのアクセスレベルを決定します。この構造のトップレベルが重要になります。トップレベルから以下が組織化されないままである場合、根底のディレクトリへの アクセスを制限される可能性があり、さもなければ、セキュリティ問題が露呈することに なります。